農業の事ならなんでもおまかせ!農機具の中古販売・買取・修理、農業資材、農業受託事業・農地管理事業

商品一覧

殺虫剤 オンコル粒剤5

農薬

殺虫剤 オンコル粒剤5

■有効成分:5.0%
■性状:青緑色細粒
■毒性:医薬用外劇物
■魚毒性:B類相当
■有効年限:4年
水稲のイネミズゾウムシ・ヒメトビウンカ、キャベツのコナガ、ねぎのネギハモグリバエ、果菜類のミナミキイロアザミウマ、だいこんのキスジノミハムシなど、これらは、いずれも重要害虫として現在問題とされています。オンコル粒剤5は、農家を悩ますこれらの重要害虫に対して高い殺虫効果を発揮し、しかも残効が長期間持続するため、防除回数を削減できる経済的・省力的な薬剤です。


IMG_0349 IMG_0348

種類 農薬
説明 ■有効成分:5.0%
■性状:青緑色細粒
■毒性:医薬用外劇物
■魚毒性:B類相当
■有効年限:4年
水稲のイネミズゾウムシ・ヒメトビウンカ、キャベツのコナガ、ねぎのネギハモグリバエ、果菜類のミナミキイロアザミウマ、だいこんのキスジノミハムシなど、これらは、いずれも重要害虫として現在問題とされています。オンコル粒剤5は、農家を悩ますこれらの重要害虫に対して高い殺虫効果を発揮し、しかも残効が長期間持続するため、防除回数を削減できる経済的・省力的な薬剤です。
使い方 1.水稲の育苗箱に使用する場合 i.育苗箱の上から均一に散布し、葉に付着した薬剤を払い落とし、軽く散水して田植機にかけて移植して下さい。
ii.軟弱徒長苗、むれ苗、移植適期を過ぎた苗などには薬害を生じるおそれがあるので注意します。
iii.稲苗の葉が濡れている場合は葉についている露を払い落としてから薬剤を散布し、軽く散水して下さい。
iv.誤って過剰に使用すると葉枯れ等の薬害を生じることもあるので、所定の使用量、使用方法を厳守して下さい。
v.本田が砂質土壌の水田や漏水田、未熟堆肥多用田の場合は使用を避けます。
vi.本田の整地が不均衡な場合は薬害を生じやすいので、代かきは丁寧に行い、移植後田面が露出したりしないように注意します。移植後は直ちに湛水し、極端な浅水、深水は避けます。また、深植にならないように注意します。
vii.本田への移植後低温が続き、苗の活着遅延が予測される場合は使用を避けます。また、移植後極端な高温が続くと予測される場合も使用を避けます。
viii.本剤を散布した苗を移植した本田ではDCPA剤の散布は避けます。
ix.表示した使用方法では魚介類に影響は少ないが、一時に広範囲に使用する場合は十分注意します。

2.畑作に使用する場合 i.本剤をきゅうり、すいか、メロン、なす、ピーマンに使用する場合 a.過剰に使用すると葉緑が黄化するなど薬害を生じる恐れがあるので、使用量および使用回数を厳守します。
b.育苗に使用する場合には、育苗期後半(定植7日前から定植時)に使用し、前半の使用は避けます。
c.軟弱徒長苗では薬害を生じる恐れがあるので使用を避けます。
d.高温乾燥期の使用は薬害を生じる恐れがあるので注意します。

ii.キャベツの植穴に使用する場合は、散布後軽く土壌を混和してから植付けて下さい。
iii.本剤を散布したダイコンは、まびき菜又はつまみ菜として食用並びに飼料に供さないで下さい。
iv.どうからし類に使用する場合は、事前に使用者の責任において薬効薬害を十分確認してから使用すること。

種類で探す

農機具の中古販売

農機具の買取売

農機具の修理

農園事業

農業資材販売

コイン精米機

ページ上部へ戻る